かみぬまゆうたろう

東京都出身、埼玉県在住、1988年生まれのシンガーソングライター。 一緒にいるけれどすれ違っている、近くて遠くて、でもすぐ傍にいる2人。微妙 にして絶妙な距離感で情景を描く楽曲が特徴。1923年製の Martin O-18手に2009 年から都内のライブハウスやストリートで活動を開始。2010年には自主制作の音 源集「初期のかみぬまゆうたろう」を発表。2014 年2月にギャラクティックより タワレコメンに選ばれた1stアルバム「かみぬまゆうたろう」をリリース。10月 に初恋の嵐のカバー「真夏の夜 の事」を収録した会場限定シングル「傷口」。 2015年2月に2ndアルバム「となりのへやではきみがないている」《佐藤良成(fiddle/ハンバートハンバート)、野村卓史(pf/グッドラックへイワ)、服部将典(B/NRQ)、沖田優輔(Dr/はいからさん)、参加》を発表し、 FUJIROCK FESTIVAL, OTODAMA~音泉魂~, NEW ACOUSTIC CAMPに出演。 現在は次松大助(pf/THE MICETEETH)、服部将典(B/NRQ)、沖田優輔(Dr/はいからさん)、をメンバーに迎え、バンド編成での活動も行っている。
2017年7月に待望の3rdアルバム「くすんだ箱の中の物語」をリリース。